インフルエンザの高熱を下げるには

インフルエンザの薬

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することで起こる重い風邪のことをいいます。
症状としては悪寒と急な発熱が多く、全身の倦怠感や関節の痛み、下痢やおう吐などが伴うこともあります。
熱は通常の風邪よりも高く、2~4日ほど発熱が続くことが多いようです。

インフルエンザによる高熱を下げる一番の方法は、抗インフルエンザ薬を服用することです。
抗インフルエンザ薬は病院で処方される薬です。
薬を処方してもらうためには、高熱の症状がインフルエンザウイルスによるものかどうかを判断しなければなりません。
このインフルエンザ検査は発症後12時間以上経っていないと、きちんとした陽性反応が出ないという特徴があります。
従って病院の受診や検査のタイミングに注意をする必要があります。
また、抗インフルエンザ薬にはいくつか種類がありますが、どの薬についても発症後48時間以内に服用し始めることが必要です。
この時間内に服用を始めることでウイルスの増殖を抑えることができ、発熱期間も短くすることができます。

他にも、高熱を下げる方法として鎮痛解熱剤が処方される場合があります。
これは38.5度以上の熱があり、倦怠感を緩和するために用いられます。
これは通常の風邪の時にも処方される薬ですので、この二つを併用することも可能です。

関連トピックス